トップページ
トップページ トップページ トップページ トップページ トップページ トップページ トップページ トップページ トップページ
トップページ
left
 我々全日電材連は、昭和48年第一次石油ショックが国内を襲った激動の時期に設立され、昭和58年法人化以来37年の月日を数えます。現在当連合会は、所属組合員数718社、総社員数約3万人、年間売上規模は約2.5兆円の規模をほこります。
 事業としましては、会員企業への共済、福利厚生の提案および全国29単組の側面支援をする「総務委員会」、経営改善への情報提供および経営研修会を支援する「経営委員会」、環境変化に対応する営業活動の情報提供、工・製・販のパートナーシップ強化および技術研修会を支援する「市場活性委員会」、機関誌「NEW WAVE」やホームページを活用し、迅速なお役立ち情報を提供する「広報委員会」、次世代の主役となる組合員若手組織の育成および運営をする「次世代プロジェクト委員会」の5つの委員会で活動しております。
 昨今は、従来までの単品販売に加え、お客様のご要望に最適なシステムを提案、提供することへの変革が求められており、AIやIOTあるいは5Gなど新時代に対応した提案活動を強化していかねばなければなりません。昨年度策定しました「アクションプラン2030」は10年先へ向けての業界の指針となるもので、業界の若手経営者の皆様を中心に策定いたしました。スローガンも「WAKU WAKU DENNZAI」と定め、旺盛なエレクトロ二クス関連需要をしっかりと捉え、新分野の商売にワクワクした気持ちで挑戦していく意味を表現しております。合わせて、昨今頻繁に起きる災害に備え経営基盤を固めるための全国規模でのBCP策定講座や、人材育成を支援強化していきます。
 我々は社会インフラの一端を担っており、電気を通じて人々の生活を豊かにする使命があります。電気工事業界ならびにメーカーの皆様とより一層の結束をはかり、業界の活性化と需要拡大を目指してまいります。さらに人々の快適な生活に貢献する「電気設備とエネルギーの総合商社」へ向け、大きく変わる商環境を見据えて事業を展開し、持続的な成長が出来る魅力ある業界へと変革することを目指してまいります。

 
                                          (令和2年6月)
left
トップページ
top top top top top top top top top top